一度削除したGoogleアカウントやGmailを簡単に復元させる方法

サムネイル サービス

今回は一度削除したGoogleアカウントやGmailを復元させる方法を解説します。

復元自体は簡単なので心配ありません。1分で終わります。

 

スポンサーリンク

Googleアカウントを復元する方法

画像1

まずはGoogleアカウントサポートにアクセスし、復元したいアカウントのメールアドレスか、自分の電話番号を入力します。

メールアドレスはGmailでも大丈夫です。


画像2

復元できるアカウントが選択されるので、「次へ」をクリックします。


画像3

アカウントのパスワードを入力します。

終わったら「次へ」をクリックしましょう。


画像4

アカウントの復元に成功すると「成功」と表示されます。

「Continue」をクリックすると復元したアカウントの管理画面に入ることができます。


画像5

削除したアカウントが確かに復元しています。

Gmailなども復活しているはずなので確認してみてください。

 

アカウントが必ず復元できるとは限らない

今回は削除したアカウントの復元に成功しましたが、必ず復元できるとは限りません。

Googleの説明によると以下の通りです。

削除した Google アカウントは復元できる場合があります。ただし、アカウントを削除してから一定の期間が経過している場合は、アカウントのデータを復元できないこともあります。

引用:Googleアカウントヘルプ「最近削除した Google アカウントを復元する

 

一定期間内が経過していると復元できないこともあると説明していますが、具体的に一定期間内がどれくらいの時間を指すのかははっきりとわかりません。

つまり、アカウントが復元できるかどうかは時間の問題ということです。

 

手続きが早いほど復元できる可能性は上がりますが、削除してから時間が経っていると復元できない可能性が高いです。

間違えてアカウントを削除してしまった場合はなるべく早く復元の手続きを行うことをオススメします。

 

復元できない場合はどうすればいい?

上で解説した方法で復元できなかった場合、残念ですが諦めるしかないです。

前述の通り時間の問題なので、手続きが遅くなると復元できない可能性が高いです。

その場合は正直どうしようもないので、新しいアカウントを作るなり、諦めるなりしましょう。しょうがないです。

関連記事:GoogleアカウントとGmailアドレスを新しく同時に作成する方法

 

まとめ

今回は一度削除したGoogleアカウントやGmailを復元する方法を紹介しました。

必ずしも復元できるとは限らないですが、削除してからまだ時間が経っていない場合は復元できる可能性が高いです。

とりあえずダメ元でもやってみましょう。