Macを使うメリットに見えて実はそうでもない点10個とデメリットをまとめた

Macを使うメリットに見えて実はそうでもない点10個とデメリットをまとめた PC&周辺機器

巷では「Macにはこんなメリットがある!」みたいな意見がたくさんありますが、Macユーザーの僕からすると「それ別にMacに限った話じゃなくね?」と思うこともしばしば。

というわけで僕がネットでよく見かけるMacを使うメリットに見えて実は別にそうでもないと思った点をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

Macを使うメリットに見えて実はそうでもない点

1.Macはデザインが洗練されている!→Windowsもかっこいいです

Mac大好きユーザーがみんな口を揃えていう点、それは「デザインが優れている!」というもの。

まあMacは全部デザインが洗練されていて綺麗なのは確かですが、Windowsだってデザインがかっこいいマシンいっぱいあるよね?

 

Surfaceとかめっちゃかっこいいですよ。ってかほぼMacです。

他にもHP ENVYとかDELL XPSとか、調べるとWindowsでもかなり洗練されていてかっこいいマシンがたくさんあります。嘘だと思う人はいろいろ調べてみてくださいね。

 

Macはどれを選んでもかっこいいのでMac=かっこいいってなるんでしょう。

Windowsはマシンによってカッコ良かったりダサかったりするし、特に古いマシンはダサいものが多かったのでMacの方がかっこいいって思われているのかもしれないですが、今はWindowsもMacと同じかそれ以上にかっこいいマシンはたくさんありますよ。

むしろ選択肢が多い分Windowsの方がいいまである。

 

あとなぜかMacだけ特別デザインがかっこいと思い込みがちが、Windowsにもかっこいいマシンがいっぱいあるので「Macが特別かっこいいわけじゃなかったんだなぁ」と気づきます。

 

Macはデザインがかっこいい!→WindowsもMacと同じかそれ以上にかっこいいものがたくさんある。

 

2.Macは操作が直感的!→ライトユーザーこそWindowsじゃね?

「Macは操作が直感的で初心者でも使いやすい!」って意見がありますが、別にそんなことないです。初心者が使うことを想定するならそれこそマウスつないでWindows使った方が絶対いいです。

Macはトラックパッドの使い方や設定を知らないと確実に戸惑う場面がいくつもあります。

それにWindowsと操作感が違う部分が結構多く、Windowsを使ったことがある人がいきなりMacを使うと「あれってどうやるの?」みたいなことが頻発します。こんなの普通に考えてストレス溜まるだけです。

 

Macの操作が直感的なのはそうなんだけど、じゃあ使い方を知らなくても使いこなせるかって言われたら無理です。そういう人は普通にWindows使った方が使いこなせます。

生きてれば1回くらいWindows触るでしょ?ならWindowsの方がいいです。ライトユーザーからしたらWindowsの方が圧倒的に操作が直感的です。

 

Macは操作が直感的!→そうなんだけど、結局使い方を知らないと使いこなせない。ライトユーザーならWindowsの方が使いこなしやすい。

 

3.Macはトラックパッドが優秀!→Windowsもそんなに悪くない

「Macはトラックパッドが優秀」って声も多いですね。

Macのトラックパッドは「感圧タッチ」っていうもので、iPhone7とか8についてたホームボタンと同じ様なやつです。ペンとか堅いものでは押せないし電源が切れた時も押せないけど、指なら押せるっていう仕組みがよくわからないアレです。

トラックパッド自体もかなり広く、全部が押せる場所になっていてどこでもクリックできる様になっています。僕自身Macを使っていて確かにトラックパッドは使いやすいなって思います。

 

でも、Windowsのトラックパッド(タッチパッド )だって普通に使いやすくね?

Macと比べちゃうと確かにMacの方が使いやすい。でもWindowsのトラックパッドが別に使いにくいってわけじゃないです。Windowsだって普通に使いやすい。

Windowsは感圧トラックパッドじゃないけどタップでクリックできるので、どこでも押せるとかトラックパッドが大きいとかは一緒です(一応下のほうに押せる場所もあるけどほぼ使わない)。

Macのトラックパッドをやたら持ち上げる人がいっぱいますが、Windowsだってそんなに悪くないし普通に使いやすいと思います。

 

ちなみに末期のMacユーザーは「トラックパッドが優秀すぎてマウスなんていらない!」とか言い出す人がいますが、普通にマウスは必要です。仕事するならなおさら。画像編集とか全部トラックパッドでやってたら指が擦り切れてもたないです。

 

Macはトラックパッドが優秀!→MacとWindowsを比べると確かにMacの方が優秀だけど、Windowsも普通に使いやすい。

 

4.Macはディスプレイとフォントが綺麗!→Windowsも綺麗にできる

これは結構Macユーザーが強調しがちなところですね。

Macはどれを選んでも「Retinaディスプレイ」という超綺麗なディスプレイを搭載していて、フォントも「ヒラギノ」というMacでしか使えない見やすいフォントが使えます(Windowsでヒラギノを使おうとすると結構難しいんですよね。それと多分有料)。

このおかげで何もしなくてもフォントも描画もかなり綺麗です。

 

Windowsは確かに初期状態だとガサガサしてて結構汚いですが、高精細のディスプレイを搭載したマシンを使うなり、ClearTypeという設定をしたりすれば大分綺麗になります。それでもまだ気になるならフォントを綺麗にするフリーソフトなんかもあります。ここまでやれば正直Macと引けを取らないレベルで綺麗になるはず。

高精細ディスプレイ+ClearType設定+フリーソフトの組み合わせでかなりフォントが綺麗になります。何もしなくても綺麗なMacと比べると若干面倒くさい感はあるけど。

要するにMacユーザーってフォントが綺麗って部分を強調する人が多いし、昔のWindowsはフォントが汚かったので「Mac=フォントが綺麗!Windows=フォントが汚い!」ってイメージかもしれないですが、別にそんなことないよってことが言いたい訳です。今はWindowsも普通に綺麗です。

 

まあ「フォント自体の綺麗さ」はWindowsの標準フォントと比べるとMacのヒラギノはかなり綺麗だとは思いますが、「描画の綺麗さ」で言えば大差ないってことです。フォントのためだけにわざわざ高いMac買うのもうーんって感じだしね。

ちなみに4kディスプレイにつなげるとWindowsでもクッソ綺麗らしい。

 

Macはディスプレイとフォントが綺麗!→Windowsでも設定などでMacと引けを取らないレベルまで綺麗にできる。

 

5.Macはクリエイティブな作業に向いてる!→ちょっと何いってるかわからない

これ最初に言い出したの誰なんですかね?

MacでしかできなくてWindowsではできないクリエイティブ作業なんてまずないです。デザインも動画編集も音楽制作もプログラミングも、どちらも同じことが同じくらいできます。もし違いがあったとしてもそんなの誤差レベルです。

 

なぜかMacはクリエイティブ向けなイメージがあったりしますが別にそんなことないですよ。Windowsだってクリエイティブです。

YouTuberとかデザイナーとか、クリエイティブ業をやっている人に限ってMac使ってる人が多いけどあれ謎だよね。個人的にはそういう人は仕事道具というよりおしゃれで使ってるイメージがある。「クリエイティブ業だからパソコンもおしゃれなMacの方がカッコよくね!w」「なんとなくMacの方がかっこいい!w」みたいな。

話がそれましたが、要はクリエイティブ業においてWindowsよりMacの方が上なんてことなはいので安心してくださいってことです。

 

Macはクリエイティブな作業に向いてる!→Windowsでも同じことができる。

 

6.MacはWindowsも使える!→最初からWindows買え

Macには「Boot Camp」という、マシンはMacのまま、中でWindowsを動かせるソフトが入っています。なのでMac1台あればMacもWindowsも両方動かせるのですごいっていう人がいます。とりあえずMac買っとけばどっちも動くので便利!みたいな。

 

いや、最初からWindows買えばよくね?

そもそもMac使ってるのにWindows環境が必要になる時点でMac微妙だと思います。

僕はMacユーザーなので実際に使っていて感じることですが、Mac使っていてWindows環境が必要になることはあっても、Windows使っていてMac環境が必要になることはまずありません。これマジです。

最初からWindows使っていればわざわざこんなことしなくていいのに、Mac使うとOfficeソフトとか仕事の都合上やっぱりWindows環境も必要みたいな状態になることがあります。

 

やっぱりWindowsが最強じゃん。

って考えるとマジでMac買うメリットってない気がするよなぁ。

 

MacはWindowsも使える!→逆にWindowsでMacが必要になることがないのでWindows最強

 

7.Macはプログラミングがしやすい!→Windowsでも環境が整備されてきた

MacはUnix系OSなのでプログラミングの環境構築が楽だったり、Linuxコマンドがそのまま使えたりしてエンジニアやプログラマーにとって恩恵のあるOSでした。

WindowsだとOSの違いから環境構築が面倒だったりするので「プログラミングするのにWindowsかMacか迷ったらとりあえずMac」みたいなことがよく言われます。

 

でも2021年の現在はMicrosoftがかなりWindows向けの環境をサポートしてます。

「MacはLinuxコマンドが使える」という大きなメリットがありましたが、WSLという仕組みが導入されてからWindowsでもLinuxコマンドが普通に使える様になりました。

「MacはHomebrewというパッケージ管理ツールが使える」というメリットに関しても、Microsoftが「Windows Package Manager」というパッケージ管理ツールの開発を進めていて、wingetというコマンド1つで色々インストールできる様になりました(それでもchocolateyというオープンソースのソフトの方がメジャーだったりしますが…)。

 

「プログラミングをするならWindowsよりMacの方がいい!」と言われる最大の理由は上の2つに挙げた「Linuxコマンド」と「パッケージ管理ツール」だと思います。

これらは今まではMacでしかできないことでしたが、最近はWindowsでも普通に使える様になってきているので、プログラミングをする上でMacにしかできないことがほとんどない様に思えます。

となればWindowsとMacどちらを選んでも同じことができるわけなので、あえてMacを選ぶメリットも別にないんじゃないかなって感じです。

 

また、「解説記事はMac向けが多い」って声もありますが、別にWindows向けの記事が少ないわけじゃないです。というかシェア的にWindowsの方が圧倒的に多いのでWindows向けの解説記事だって死ぬほどありますよ。

そもそもMac向けとかWindows向けとかっていうのもちょっとよくわからないですけどね…。違うのってキーボード配列くらいだし。

 

Macはプログラミングがしやすい!→Windows向けの環境が整備されてきたのでMacでもWindowsでもほぼ同じことができる

 

8.Macでしか使えない便利ソフトがある!→大抵の場合代替ソフトあります

「Macは優秀なソフトやツールがたくさんある!」という声ですね。

でもそれを言うならWindowsだって便利なソフトはたくさんありますよ。

 

中にはMac専用のソフトもありますが、大抵の場合はWindowsでも使える代替ソフトが見つかります。逆も同じでWindows専用のソフトでもMac向けの代替ソフトは割とあります。

クロスプラットフォーム(全てのOSで同じ様に使える)ソフトもたくさんあるので、「Macでしか使えない優秀なソフトがたくさんあるからMacの方がいい!」っていうのは間違いです。

むしろWindowsは痒い所に手が届くソフトも多いので、便利さで言えばWindowsの方が勝ってる説もあります。

 

Macでしか使えない便利ソフトがある!→ほとんどの場合Windows向けの代替ソフトがあるし、どのOSでも同じ様に使えるソフトもたくさんある

 

9.Macはセキュリティが強い!→Windows Defenderが優秀

「Macはシェアも低いしハッカーとかに狙われにくいからウイルスやセキュリティに強い!」っていうのはまあそうだと思いますが、じゃあ「Windowsはセキュリティがダメでウイルスに弱いのか?」と聞かれると全くそんなことはありません。

Windows10のWindows Defenderは市販のウイルス対策ソフトと遜色がないレベルまで性能が上がっています。ウイルス対策ソフトを入れなくてもかなり安全なレベルまで来ているんですね。

昔のWindowsはこの辺がガバガバだったのでウイルスに感染しやすかったかもしれないですすが、今はWindowsのセキュリティレベルも普通に高いです。

 

逆に「Macだから安心」と過信している人はちょっと気をつけた方がいいかもです。

Macだってシェアが伸びている上に、勝手にウイルスに感染しないと盲信している人がたくさんいると思うので、狙われるときは普通に狙われると思います。

Macだからセキュリティに強い、Windowsはセキュリティに弱いというのは間違いです。

 

Macはセキュリティに強い!→Windows Defenderの性能が向上しているのでWindowsもセキュリティに強い

 

10.Macは売ったときの値段が高い!→差額分安いWindows勝った方がよくね?

最初から売り飛ばす前提で買うっていうのもどうかと思いますが、「売ったときの値段が高いのでMacの方がいい」っていうのは個人的にはよくわからないです。

最初から売るつもりで使うとなるとかなり綺麗に使う必要があるし、傷つけたりしない様に常に気をつける必要があります。

それでも長いこと使ってると調子が悪くなってくることだってあるし、ディスプレイが汚れてきたりキーボードがハゲてきたりします。売る前提で使ってるとこういうところ超気になると思うんですよね。

 

個人的には最初から売るつもりでMac買って使い終わったら売るよりは、その差額分安いWindows買った方がいいんじゃないかと思います。

その方が変に気を使って綺麗に使わなくてもいいし、傷付こうが汚れようが関係ありません。こういう使い方の方が気持ち的にラクじゃない?

常に傷つけない様に気をつけて使わないといけないっていう時点で結構面倒な気がします。

 

Macは売ったときの値段が高い→差額分安いWindows買えば綺麗に使う様に気をつけなくてもいい

 

逆にこれはメリットだなと思う点

Macを使うメリットを挙げるなら「iPhoneと連携しやすい」という点ですかね。Android使ってるなら全く関係ないですが…。

具体的にはスマホで撮った写真をパソコンに取り込みたいときは有線で繋いで転送するのが定番ですが、iPhone+MacだとAirdropでそのまま転送できたりします。

ブログ記事を書くときにスマホで撮った写真を載せたい時とかは便利ですが、普段使いなら別に無くても困らない機能かなって感じはする。

 

それ以外だと正直思いつかないですね。

軽いとか使いやすいとか高性能とか色々言う人はいますが、Macって別に軽くないし使いやすいかどうかはその人によるし特別高性能ってわけでもないです。バッテリー持ちも別に普通(というかそこまで良くない。色々ソフト動かしてるとAppleのサイトに書かれている時間よりも想像以上に持たない)です。

強いて言えば触ってて楽しいってことくらい。あとWindowsと比べるとトラックパッドが使いやすい、フォントが綺麗って感じですね。まあWindowsも良いんだけどね。

 

あと個人的に思うことは、Apple製品は連携力の高さが魅力ですが、だからと言って何でもかんでもApple製品にすると逆にどんどん縛りがキツくなると思っています。

Appleって独自色が強いので他のメーカーの製品が使えなかったりとかするじゃないですか。そういう意味で自由度は低くなるかなって感じ。値段高いし。

 

Macを使うデメリット

メリットはそんなにないのにデメリットは結構あったりします。

 

1.ゲームができない

一番言われてることですね。Macはゲームできないです。

ゲームしないならMacでもいいと思いますが、ゲームできるという選択肢があるだけでWindowsで良くね?って感じがする。

 

2.高い

高いです。ぼったくり価格と言われてもしょうがない。

というかMacは値段の割に性能は大したことないっていうか、釣り合ってない感があります。外観とブランド料が高いイメージ。

WindowsならMacの2/3くらいの値段で同じ性能のマシンが買えますよ。

 

ちなみにM1 MacBook Airの安めのモデルならWindowsと比べてもかなりコスパはいいらしいです。値段と性能を見てもかなりいい。

でもMacBook Proとか16インチとかハイスペックなモデルにするとWindowsより数万〜10万以上値段高くなるのに性能はWindowsと同じくらいだったりするのでコスパは最悪です。

あとMacは周辺機器も高いです。特に純正品はぼったくりレベル。

 

3.USB-Cしかない&周辺機器の選択肢が狭い

MacBook 13インチはUSB-Cが2つ、16インチは4つ、あとはイヤホンジャックだけって感じで、USB-Aがないのは結構不便です。

無線マウスのレシーバーにしろ有線のキーボードにしろUSBにしろ、多くの製品はUSB-Aのものが多いです。特に安い製品とかコスパが良い製品は大体USB-Aで、逆にUSB-Cで接続できる製品の方が圧倒的に少ない。

何か接続するたびに変換ハブが必要になるし、外出時はハブを持ち歩かないといけないので荷物増えるし、良いことないです。だって変換ハブがないとマウスすら使えないって普通に考えて不便じゃない?

WindowsはUSB-AもUSB-Cも両方あるマシンが多いので便利ですね。

昔のMacはUSB-Aのポートもあったのに…。インターフェース削りすぎだと思います。

 

それと気をつけて欲しいのが、Appleの独自仕様のせいでPCに接続できる周辺機器の選択肢があまりないです。

僕は後になって気づきましたが、特に外付けキーボードはマジでクソ高い純正品くらいしか選択肢がないです。

Macはキー配列が特殊なのでWindowsのキーボードは使えません。でもキーボードってほぼ全部Windows向けで、Mac向けのキーボードなんて純正品くらいしかないので、「ロジクールのキーボード使いてぇ!」とか思っても使えないわけです。代わりに1万円出してペチペチした安っぽい打鍵感のMagic Keyboardを買うしかないというわけです。

マウスとかはなんとかなるけど、キーボードは無理ですね。これは盲点だったなぁ。

 

4.操作性がWindowsと違いすぎてイライラする

Windowsに慣れている人からするとMacは操作感が違いすぎてイライラすると思います。

慣れると使いやすいですが、慣れたら使いやすいなんてWindowsも同じだもんね。

OSも違うしキー配列も違うしブラウザの閉じるボタンが左側だしボタン小さいしマウスのスクロールの方向は逆だし、細かい部分になる程微妙にWindowsと違う部分が結構色々あって「Macってなんでわざわざこんなことしてんの?」という感じでストレスたまります。特にWindowsの操作が染み付いてる人はヤバイね。

 

5.IE(Internet Explore)の表示が確認できない

これはWeb制作(HTML/CSS/JavaScript)をやる人は気を付けて欲しい点です。MacはIEが使えません。

これの何が問題かというと、IEは古いブラウザなのでChromeやFirefoxでは普通に読み取れるコードが読み取れずにIEだけ表示が崩れたりします。

お客さんから「IEでも崩れないようにして欲しい」と言われたら修正せざるを得ません。でもMacはIE使えないので表示確認ができないです。

どうしてもMacでIEを使いたいなら仮想環境にWindowsをインストールする必要があります(やっぱりWindowsが必要)そしてこの仮想環境の設定が初心者にはかなり難しい。簡単に仮想環境を構築できるソフトもありますが有料で1万円くらいします。

 

「最初からWindows使っていればわざわざ仮想環境を入れてまでIEに労力を割かなくていいのに…」って気持ちになるくらいなら最初からWindows買いましょうね。

 

6.起動音がうるさい

夜再起動したりすると「ジャーン!!(爆音)」という起動音が鳴ります。クッソ音デカくてびっくりします。朝アラーム切ったあと数分後ににまた爆音で鳴り出すiPhoneのアラームくらいびっくりします。心臓に悪い。

 

7.その他

コピペで動作が固まる。

テキストをコピペすると動作が2秒くらい固まることがあります。普通の時はほぼないんだけど、WordPressで記事を書くとほぼ確実に毎回固まる。記事編集中はコピペを多用するのでその度に固まると正直クッソストレスなんですよね。さらに固まってる途中に文字入力すると10秒くらいずーっと固まり続けて、その上文字もちゃんと入力されていないみたいな現象が起きます。クソです。

 

文字入力の変換ボックスがたまに消えない。

バグなのか知りませんが、文字入力してる時下に出る変換ボックスが入力確定後に消えずに残り続けることがあります。まあすぐ治るのでさほど気にならない。

 

タッチバーいらない。

キーボードの上についてる細長い液晶タッチパネルのアレです。これマジいらないです。使わない。なんなら邪魔。便利な使い道が一切ない上、タイピング中に間違って触っちゃって誤反応したりする。

話によるとこいつのせいでコストが上がってMacの値段が上がってるんだとかなんとか。しかもバッテリーの消耗も激しくなるらしい。

使わないこいつのせいで値段が上がってバッテリー持ちが悪くなってると考えると複雑な気持ちになります。控えめに言って邪魔だしクソです。

 

これ以上挙げても粗探しみたいになるのでこの辺にしておきましょう。

地味にいらっとするポイントがあるのはMacに限らずWindowsでもそうですが、もし「Macの使い心地は最高!」と勝手に信じている人がいたら、「別にそんなことないよ」と言いたいわけです。Macでも細かいイライラポイントは割とありますよ。

 

結論

Windows使ったほうがいいです。

MacでもWindowsでも同じことができるのでわざわざ割高なMacにする理由もメリットもほぼないです。

Windowsなら性能良くて安く買えるマシンがたくさんあるしMacよりできることが多いしインターフェースの種類も豊富で周辺機器も色々選べます。ここまでくると「普通に考えてWindows買ったほうがいいな」ってなりますよね。別にMacにこだわる必要はないです。

 

僕は今Macを使っていますが、「なんでMacにしたんだろう?」って買ったあと考えちゃいました。

Macにするメリットはたくさんあるように見えて実はそうでもない、むしろWindows買ったほうがたくさんメリットがあるくらいなので、どちらにしようか悩んでいるならとりあえずWindowsにしたほうがいいです。