dein.vimを初心者にもわかるようにインストールする

dein.vimを初心者にもわかるようにインストールする Vim

最近暇なのでVimをいじっています。

Vimを本格的に使うとなるとプラグインをガンガン入れるみたいなので、「dein.vim」というプラグインマネージャーを入れる方法を解説します。

自分もdein.vimの入れ方を調べていて、初心者にも優しく解説している記事があまりなかったので今回記事を書いてみました。

 

スポンサーリンク

dein.vimとは?

dein.vimはVimのプラグインマネージャーです。

Vimを本格的に使えるエディターにすべく色々プラグインを入れる必要があるのですが、それらを管理するやつってことですね。

 

dein.vimをインストールする

dein.vimの公式ページ(github)はこちら

>>https://github.com/Shougo/dein.vim

何となくのやり方は公式に書いてあるのですが、自分含め初心者は若干わかりにくい部分がいくつかありそうだったので、そこを補いながら解説します。

 

まずはインストールするディレクトリを用意。

mkdir -p ~/.cache/dein 
cd ~/.cache/dein

~(チルダ)はホームディレクトリって意味です。ホームディレクトリに.cache/deinというフォルダを作って移動。Finderでみるとディレクトリができてるのが確認できますよ。

 

早速インストールします。以下のコマンドをターミナルで叩きましょう。

curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
sh ./installer.sh ~/.cache/dein

やっていることは「URLの内容を取得し、それを現在いるディレクトリにinstaller.shというファイルを作って保存する」ってことです。

installer.shは名前通りdein.vimをインストールするシェルスクリプトです。shコマンドでシェルを実行できるので、実行してインストールしています。

~/.cacheを見るとdeinというディレクトリができていますね。

 

公式ページを見ると「dein.vimをインストールできる場所はいくつかあるので割と好きな場所でいいよ」という感じですが、こう言われると「どこにすればいいんだ…」って感じてしまうのは初心者感ありますね。

~/.cache/deinが定番みたいなので、特に理由がなければここでいいんじゃないでしょうか。

ちなみにinstaller.shは一度実行したらもういらないので削除していいです。ホームディレクトリにポツンと置いてあるはず。

 

で、上のコマンドを実行するとこんな感じになります。

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer
.sh > installer.sh
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  2127  100  2127    0     0   6817      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  6795
$ sh ./installer.sh ~/.cache/dein

Install to "/Users/username/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim"...

git is /usr/bin/git

Begin fetching dein...
Cloning into '/Users/username/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim'...
remote: Enumerating objects: 58, done.
remote: Counting objects: 100% (58/58), done.
remote: Compressing objects: 100% (49/49), done.
remote: Total 58 (delta 2), reused 23 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (58/58), done.
Done.

Please add the following settings for dein to the top of your vimrc (Vim) or init.vim (NeoVim) file:


"dein Scripts-----------------------------
if &compatible
  set nocompatible               " Be iMproved
endif

" Required:
set runtimepath+=/Users/username/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim

" Required:
call dein#begin('/Users/username/.cache/dein')

" Let dein manage dein
" Required:
call dein#add('/Users/username/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim')

" Add or remove your plugins here like this:
"call dein#add('Shougo/neosnippet.vim')
"call dein#add('Shougo/neosnippet-snippets')

" Required:
call dein#end()

" Required:
filetype plugin indent on
syntax enable

" If you want to install not installed plugins on startup.
"if dein#check_install()
"  call dein#install()
"endif

"End dein Scripts-------------------------


Done.
Complete setup dein!

はいここ重要です!

真ん中らへんにPlease add the following settings for dein to the top of your vimrc (Vim) or init.vim (NeoVim) file:と書いてある通り、

"dein Scripts---

"End dein Scripts---

までを.vimrcに記述しないといけません。

 

.vimrcはホームディレクトリにあるので開いて編集します。ない場合は作ります。

vim ~/.vimrc

Vimで編集していますが、Vimの使い方がわからない人はテキストエディタでも何でもいいので開いて末尾か先頭にそのままコピペでokです。

 

「ターミナルを閉じちゃったからコピペできない!詰んだ!」って人も焦らず以下をコピペ。

"dein Scripts-----------------------------
if &compatible
  set nocompatible               " Be iMproved
endif

" Required:
set runtimepath+=$HOME/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim

" Required:
call dein#begin('$HOME/.cache/dein')

" Let dein manage dein
" Required:
call dein#add('$HOME/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim')

" Add or remove your plugins here like this:
"call dein#add('Shougo/neosnippet.vim')
"call dein#add('Shougo/neosnippet-snippets')

" Required:
call dein#end()

" Required:
filetype plugin indent on
syntax enable

" If you want to install not installed plugins on startup.
"if dein#check_install()
"  call dein#install()
"endif

"End dein Scripts-------------------------

僕はインストールする時、この部分を他のサイトからコピペしてVimでファイルを開いたら警告が出ました。

その原因はset runtimepath+=$HOME/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vimなどに書いてあるパスが自分のものとずれているからでした。

dein.vimを~/.cache/deinじゃない場所にインストールしたのに、.vimrcに上のように書いたらパスが違うからそりゃエラーになりますよねという感じです。

上のコードはホームディレクトリまでのパスを$HOMEに置き換えているので誰でもうまくいく…はず。

 

保存して再度Vimを開いたら.vimrcが読み込まれるのでdein.vimのインストールは完了です。

 

まとめ

慣れてる人だとこの程度サクサクっとできちゃうのでしょうね…。

Vimmerへの第一歩ということで地に足をつけて焦らず行きたいところです。