【死ぬほど簡単】MAMPでXdebugを使う方法(VSCode)

環境構築

今回はMAMP環境でPHPのデバッグツール「Xdebug」を使えるようにする方法を紹介します。死ぬほど簡単です。

XdebugはOSにインストールすると結構面倒な手順があるみたいですが、MAMPにはXdebugが最初から入っているので、やることは設定を有効化するだけです。本当にこれだけ。

エディターはVSCodeを使いますが、他のエディターでも同じようなことができるはずです。

  • 環境:MAMP
  • PHP:7.4.2
  • 使用エディター:VSCode

 

手順はこんな感じ。

  1. PHPのバージョンを調べる
  2. php.iniを編集
  3. VSCodeでlaunch.jsonを作成

正直ほぼ解説することはないですが、一応順番に見ていきます。

 

スポンサーリンク

1.PHPのバージョンを調べる

今使っているMAMP環境のPHPのバージョンを調べます。

MAMPを起動し、「command + ,」で環境設定を開きましょう。

MAMPでPHPのバージョン確認

「PHP」というタブをクリックすると今使っているPHPのバージョンが確認できます。僕の場合は7.4.2ですね。

 

2.php.iniを編集

「/Applications/MAMP/bin/php/php7.4.2/conf/php.ini」を編集します。

「php7.4.2」の場所は今使っている自分のphpのバージョンと同じディレクトリを選択してくださいね。

php.iniを開き、一番最後を以下のように編集します。

[xdebug]
zend_extension="/Applications/MAMP/bin/php/php7.4.2/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20190902/xdebug.so"
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_connect_back=1

zend_extensionのセミコロンを外し、下の3行を追加します。これだけでMAMP内でXdebugが有効になります。

編集したら保存し、MAMPを再起動します。

 

Xdebugが有効になっているか確認する

MAMPスタートページを開く

「Open WebStart page」をクリックしてMAMPのスタートページを開きます。

 

MAMPスタートページ tools

「PHPINFO」をクリックします。

 

phpinfo xdebug

command + Fで「xdebug」とページ内検索をしてxdebugに関する項目が出てくればちゃんと有効化されています。

 

3.VSCodeでlaunch.jsonを作成

VSCodeでlaunch.jsonを作成

VSCodeで適当なプロジェクトを開いて、デバッグ→「launch.jsonファイルを作成します」をクリック→PHPを選択します。

 

VSCodeでxdebugが使用可能になる

launch.jsonが作成され、左上に「Listen for XDebug」とう項目が表示されているはずです。

クリックするとXdebugがスタートし、PHPのデバッグができるようになります。

Xdebugを使う際はこのlaunch.jsonが必要なので削除したりしないようにしましょう(削除してもまた作ればいいだけですが)。

 

まとめ

MAMP環境ならXdebugがめちゃめちゃ簡単に使えます。

PHPで開発する際はvar_dump連打とかよりのXdebugを使ったほうが絶対に効率がいいので、サクッと導入してデバッグできるようにしておきましょう!