海外ノマドは英語できなくても大丈夫ってホント?実際に行ってみた

サムネイル 海外ノマド

「海外ノマドは英語できなくても大丈夫!」

なんて言われていますが、「それって本当なの?」と思いますよね。

 

というわけで、実際に初めて海外ノマドしてきて、本当に英語ができなくても大丈夫なのか自分で確かめてきました!これから海外ノマドを考えてる人は参考にしてみてください。

初ノマドの体験記はこちらから。これから海外ノマドをやってみたい人はぜひ読んでみてください!

【タイ・バンコク】初めて海外ノマドをやったので体験談を話すよ!
海外ノマド、いいですよね... パソコン一台で世界中どこにいても稼げる、美味しいものを食べて、美しい建物を見て、現地の文化に触れて.....

 

スポンサーリンク

海外ノマドは英語できなくても大丈夫って本当?

海外ノマドは英語ができなくても一応生きていくことはできます。仕事さえできればお金はなんとかなりますからね。

ただ、せっかく海外まで来てるのにかなりつまらないです。

 

海外ノマドは英語ができないとおもしろくない

国にもよりますが、海外に出れば基本みんな全部英語でベラベラ喋ります。なので英語ができないと会話に入れなかったり、楽しそうなイベントがあっても行くに行けない状況になります。

特に宿ではすれ違った人と会話することは多いし、仲良くなればそのままご飯に行ったりもします。知らないうちにどんどん人が増えて会話もどんどん盛り上がることが日常茶飯事です。

 

英語ができないとこういうのに混ざりたくても混ざれないんですよね。みんな楽しそうに喋ってるのに、自分は見て見ぬ振りをすることしかできない。そしてそういう自分がちょっとみっともなく感じたりもします。

例えるならクラスのみんなが集まってワイワイ盛り上がってるのに、自分だけ輪に入れない感じです。

 

また、英語ができないと誰かと行動することが難しくなる(日本人同士なら別)なので、必然的にひとりで行動することが多くなります。

ひとりでも大丈夫ならいいですが、それでも何日もひとりだとさすがに寂しく感じますからね。

 

英語が全くできない人は現地で絶望します

周りの人は日本人含めみんな英語でベラベラ喋るので全く英語ができない人が無理にノマドすると詰みます。

日本人オンリーの会話なら日本語が使えますが、そこへひとり別の国の人が会話に入ってくると途端にみんな英語に切り替えます。英語ができないとここで詰みますね。そして途中でいきなり知らない人が会話に入ってくるとか日常茶飯事ですからね。

逐一日本語訳してもらうこともできますが、それだと会話のテンポが悪くなっておもしろさ半減です。気を使われてる感も否めない。

 

Google翻訳があれば大丈夫とは限らない

「Google翻訳があれば大丈夫」とか言ってる記事をたまに見かけますが、別にそんなことないです。

レストランとか、宿のチェックインとかなら形式的な会話ならまだ大丈夫ですが、宿ですれ違った人とあいさつ→そのまま会話だったり、相手にいきなり話しかけられたりした時に毎回「ちょっと待って」と言ってGoogle翻訳使わないと会話にならないって思ったより心にきます。簡単な会話すら翻訳使わないとまともにできないわけなので。

相手は「全然いいよー」みたいな感じで言ってくれるかもしれないけど、その優しさが逆につらかったりします。

 

Google翻訳があれば一応会話はできるけど、結構メンタルやられると思ってください。それと複数人で話すのは無理だと思った方がいいです。

 

周りはみんな英語できるの?

ほとんどの人が英語できます。ただ、海外といってもやっぱり英語ができない人はちらほらいます。

さすがに英語ができないからといって浮くことはないですが…他に英語ができない人を見つけたとしても「英語できないもの同士仲良くしようねー笑」みたいなこともできないですからね。

 

やっぱり英語ができないと気軽にコミュニケーションを取るのは難しいと思った方がいいです。

 

ちょっと英語ができる人は割となんとかなるかも

ここまで散々英語ができないとコミュニケーション取れないといってきましたが、実際はちょっと英語が理解できれば案外コミュニケーションは取れます。

相手としてもできるだけ仲良くしたいと思っているはずなので、自分が英語が苦手だとわかれば簡単な英語に言い換えてくれたりゆっくり話してくれたりします。それが理解できれば大丈夫。目安としては中学レベルの英語だと思います。

ただ、それでも複数人はやっぱりきついですね…

 

英語が話せるようになってから海外ノマドする必要はない

英語ができないとコミュニケーションはやはり難しいですが、だからといって英語がペラペラ話せるようになるまで日本で英語の勉強するとかはやめた方がいいです。はっきりいって時間の無駄です。

むしろ英語が話せなくても、海外ノマドしてみたい人は多少無理してでもやってみるべきです。

 

中学生レベルの英語ができれば海外ノマドは十分できる

中学生レベルの英語を使ってある程度のスピーキングができれば十分コミュニケーションは取れるはずです。あとはボディーランゲージでなんとかなります(というかなんとかしましょう)

中学生レベルの英語が理解できれば、たとえ相手が何いってるかわからなくても「もう少しゆっくり喋って欲しい!」と言えば相手も簡単な英語でわかりやすく話してくれます。嫌な顔をされることはまずないので安心してください。

 

日本語勉強中の人と会話してて「もう少しゆっくり喋ってくれ」と言われても別に嫌な気分にはならないですよね。自分の言いたいことが伝わったら誰だって嬉しいものです。

 

英語は現地で「体験」して覚えるべき

英語を勉強する時に、ずっと日本にこもって参考書とにらめっこするのはやめましょう。

英語話せるようになりたかったらまずは中学生レベルの英語を身につけて、早く海外に出た方がいいです。

 

というのも、日本で無機質なテキストをひたすら暗記する勉強法より、現地での経験や失敗を通して「体験」した英語の方が圧倒的に記憶に深く残るからです。

それに「体験」して学ぶ英語なら座学をやる必要はないですからね。人が話すリアルな英語を聞くだけでもめちゃめちゃ勉強になりますよマジで。

 

現地で英語を「体験」しながら勉強すればインプットとアウトプットを同時にできるし、その辺の人に声かければいくらでも練習できます(宿とかだといきなり知らない人に声かけるとか全然不自然じゃないのでガンガン話しかけた方がいいです)

そうすれば勉強らしい勉強をしなくても少しずつ英語ができるようになってくるはずです。そうすれば複数人の会話にも入れるようになったり、一緒にご飯食べに行くこともできるようになります。キラキラ海外ノマドの仲間入りですね。

 

僕が初海外ノマドで実際に「体験」した英語

僕は最近初海外ノマドをしましたが英語がペラペラ話せるわけではないです。上手くないけど話せないわけではない、何とも微妙なレベルです。

というわけで僕が実際に初海外ノマドで体験してきた英語を少し紹介します。

 

・deposit:預け金

宿にチェックインする時に「デポジットを預けてください」と言われたのですが、depositの意味がわからなかったので適当に「No thank you.」とか適当なこと言ったら受付の人と隣のインドネシア人に苦笑いされました(キレそう)。大恥かいたのでもう二度とこの単語は忘れないですね。

 

・only cash/cash card:現金

「only cash card」と言われ「キャッシュカード?クレカのことかな?」と思ってクレカ見せると「あーはいはい笑」みたいな態度を取られます。ふざけんな。

 

・weed:大麻(マリファナ)

学校では「雑草」という意味で教わりますが、口語(俗語?)で「大麻(マリファナ)」という意味もあるらしいです。国ごとの薬物規制の話をしたことがあって、そこである人が使っていた単語です。「weedの規制は〜」みたいな。

 

・invoice:送り状

空港でベトナム人に「パソコンの調子が悪いから少しだけパソコンを貸して欲しい。invoiceを送りたい」みたいな感じで言われました。documentのもうちょっとお堅い表現みたいな感じですかね。まあ正確に意味はわからなくてもニュアンスが理解できれば十分です。細かなニュアンスを理解する前にもっと英語になれる方が優先。

 

こんな感じで実際に「体験」した英語は当時の状況などと一緒に深く記憶に残ります。これを繰り返していけばどんどん英語が使いこなせるようになってくると思います。

 

それと、英語で失敗したことは後の話のネタになったりするので意外と面白かったりします。

僕は現地で出会った人にdepositの話をしたら結構面白がってくれました。当時は大恥かいたと思ったけど後の話のネタになったのでまあいいかなみたいな感じです。

 

海外歴が長くなるにつれて英語がいらなくなってくる

長いこと海外にいればなんとなく英語がわかってくるし、相手が何いってるかわからなくても雰囲気でなんとなくわかったりすると思います。

実際「海外ノマドは英語できなくても大丈夫です」って言ってるノマドの人の大多数は海外歴が結構長い人ですよね。

そういう人は海外の生活に慣れているので、どこで何をしたらいいかとか、この機械はどう使うべきかみたいなのが感覚でわかるし、たとえ相手に英語が通じなくてもこれまでの経験から相手の言いたいことが予測できるから問題なくコミュニケーションが取れたりします。

 

でも初の海外ノマドは英語必要です

初めて海外ノマドする人って何もかもが初めてなので、どこで何をしたらいいかわからないし、お店にある機械の使い方とかもわからなかったりします。そういう時に結局店員に英語で聞かないといけなかったりするんですよね。

とにかく初めてのことが多すぎて何もわからない状態になりがちです。そういう時は近くにいる人に聞かないとどうしようもないので、やっぱり英語が必要になる機会は多いです。

 

まとめ:中学生レベルの英語を身につけて海外ノマドしよう

少し長くなってしまいましたが、僕が今回の記事を通して言いたいことは

英語はできた方がいいけどできなくても大丈夫。ただ、できないとつまらない生活になる可能性が高い。

だからと言って英語の勉強してからノマドするんじゃなくて、簡単な英語が話せるようになったらもうノマドした方がいい。英語は現地で覚える。

という感じです。

 

もっと簡単にいうと

英語が全くできない人→中学レベルの英語を身につける

英語が少しできる人→もう海外ノマドする

これだと思います。

 

英語が全くできないとGoogle翻訳があるとはいえさすがに結構きついです。なので中学生レベルの基本的な英語くらいは日本で勉強した方がいいと思います。

中学生レベルの英語ができる人はさっさと海外に出ましょう!英語は現地で「体験」して覚えてた方が手っ取り早いです。

 

最後に、海外ノマドはおもしろいです!

機会があれば人生経験として1度はやってみることをおすすめします!ホントおすすめ!