【超簡単】PHPのビルトインサーバーを使ってローカルサーバーを立てる方法

【超簡単】PHPのビルトインサーバーを使ってローカルサーバーを立てる方法 PHP

PHPのビルトインサーバーを使えば超簡単にローカルサーバーを立てられるのでやり方を紹介します。

 

スポンサーリンク

PHPのビルトインサーバーを使ってローカルサーバーを立てる方法

以下のコマンドをターミナルで叩くだけです。

$ php -S localhost:8000
PHP 7.4.12 Development Server (http://localhost:8000) started

こんな感じでローカルサーバーが起動します。ポート番号は8000じゃなくても構いません。

デフォルトのドキュメントルート(ルートディレクトリ )はホームディレクトリです。

停止するには「control + C」です。

 

ドキュメントルートを任意の場所にしたい場合はこんな感じで書きます。

$ php -S localhost:8000 -t /Users/username/Desktop/test

ルートにしたいディレクトリをターミナルにドラッグ&ドロップすればパスが表示されるのでラクですね。

 

PHPのローカルサーバーはどんな時に使う?

ローカルサーバーはこんな時に使えると思います。

  • PHPの簡単な動作確認をしたい時
  • 既存サイトの改修などでパスが絶対パスで指定されている時(ローカルサーバーを立てないとパスが通らないので画像やCSSが読み込まれないという事態になる)
  • ajaxの動作確認をしたい時(ajaxはローカルでHTMLファイルを開くだけだと動作しない)

Web制作をしている人は既存サイトの改修とかよくあると思います。その画像が/assets/images/hoge.pngみたいに指定されてるとローカルでは表示できないので、そういう時にローカルサーバーを立てて案件を進める、みたいな感じで使うといいと思います。

 

まとめ

コマンド一発で超簡単にローカルサーバーを立てられるので、サクッと動作確認をしたいときやプロジェクトのドキュメントルートを特定のディレクトリにしたい時に使うと便利です!