クラウドワークス初心者でも稼げる仕事はライティングです【月4万稼ぐ】

サムネイル フリーランス

「クラウドワークスに登録はしたが、何から始めればいいかわからない。」

「どんな案件が稼げるのかがわからない」

「そもそも初心者でも稼ぐことは可能なのか?稼げるとしたらどれくらい稼げるのか?」

 

今回はそんな疑問を解決します。

先に結論を言うと、僕的にはライティングが初心者でも一番稼ぎやすいと思います。

僕自身クラウドワークスでライティングを本格的に始めて1ヶ月目でも4万円を稼ぐことができました。

今回はクラウドワークス初心者はライティングが稼ぎやすい理由と、月4万円稼ぐ具体的な方法を紹介します。

 

なお、まだクラウドワークスに登録していないという人はクラウドワークスの登録方法から最初にやっておくべきことまで図解した記事を参考にしてください。

 

スポンサーリンク

初心者だからといってタスクはオススメしない

「クラウドワークス 初心者」といったキーワードで検索すると「タスクがオススメ!」と書いている記事がありますが、僕はタスクはオススメしません。

理由は簡単で、単価があまりにも安いからです。

画像1

 

どれも時給換算額は200円くらいですね。

下に作業目安時間も書いてありますが、実際は提案文を考えたりメッセージのやり取りをしたり、場合によってはマニュアルを読んだりもするので、作業目安時間を大幅に超えます。

 

「初心者でも簡単にできるのでオススメです!」と紹介する記事もありますが、初心者でも簡単にできる仕事は他にもたくさんあります。

それに、おそらくタスクはやっててかなりつまらないです。ほぼ作業ゲーです。

 

というわけで、初心者でもタスクはオススメしません。

タスクは稼げないしつまらないので初心者でもオススメしない

 

初心者ならライティングがオススメ

クラウドワークス初心者にオススメの仕事は、ズバリ「ライティング」です。

「ライティングなんてやったことない…」という人でも大丈夫です。ほとんどの人はライティングでお金を稼いだ経験なんてありません。条件はみんな同じです。

 

ではなぜ初心者にライティングがオススメなのか、その理由を説明します。

 

理由1:ほとんどの人はライティング未経験

ほとんどの人はライティングでお金を稼いだ経験なんてありません。なので初心者でも最初からある程度は稼げます。

中にはそういった経験がある人もいるかもしれないですが、その人も最初は未経験だったはずです。僕も未経験でした。

 

スタートラインはみんな同じです。クラウドワークスで案件を受注していけばそれが経験になります。

未経験の初心者だからといって変に構える必要はありません。

 

理由2:継続案件を取れれば安定して稼げる

「5記事だけ書いてください」といった単発の案件もありますが、「月◯本継続して納品して欲しいです」といった案件もたくさんあります。

こういった継続案件を取れれば、以降はクラウドワークスで提案しなくても継続して稼ぐことができます。

 

僕が実際にやった案件は、「継続案件で月のノルマなし。書きたいときに書いて好きなだけ納品してください」というなかなか好条件の案件でした。

もちろん案件によっては月にノルマがあるものもありますが、どうしても達成が難しいなら依頼主に相談して調整してもらうこともできると思います。

単発より継続案件の方が安定して稼ぎやすい

 

理由3:ライティングに慣れるともっと稼げるようになる

慣れないうちはなかなか執筆スピードも上がらず、あまり稼げないかもしれません。

しかし、ライティングは文字単価が決まっているので、記事1本の報酬額が固定されています。

つまり、早く記事を執筆できるようになればその分時給換算額も上がっていきます。

 

例えば1文字1円として、3,000字の記事を4時間で書いた場合の時給換算額は750円ですが、3時間で書けるようになると時給換算額は1,000円になります。

僕はライティングを始めた頃は時給600円くらいでしたが、1ヶ月後には900〜1,200円くらいのスピードで書けるようになりました。

慣れれば慣れるほど稼げるようになる!

 

ライティングのコツ

執筆スピードを上げるコツは、とにかく集中して書ききることです!

執筆スピードを上げればその分時給換算額も上がるので、どうすれば執筆スピードを上げられるか、どうすればもっと効率よく書けるかを考えて、とにかく集中して書きましょう。アドレナリン全開です。

 

とは言っても僕はライティングでご飯が食べられるほどのスキルは持っていないので、より執筆スピードを上げたいと思ったら各自調べてくださいm(__)m

 

理由4:求められるクオリティはそこまで高くない

依頼主に納品するからといって、プロが書いたようなクオリティの記事を書く必要はありません。

そもそもクラウドワークスのライティングの単価は、一般的なライターがもらう報酬額よりも低いことがほとんどです。

依頼主も本当に質が高い記事が欲しいならプロのライターに高単価で直接依頼するはずです。単価が低いということは、記事の質はある程度妥協していると考えてください。

 

なので記事の質はそこまで高くなくても大丈夫です(だからといって適当でいいわけでもないですが)。

記事の質は初心者クオリティで問題ない

 

以上がクラウドワークス初心者にとってライティングがオススメである理由です。

最初に提案するときはちょっと怖いかもしれないですが、どうせ依頼主はそんなこと気にしていません。ガンガン提案して大丈夫です。

 

僕が実際にライティングで月4万円稼いだ方法

僕が実際に提案した案件は以下のような条件でした。

  • 毎月のノルマなし(好きな時に好きなだけ書いて納品すればok)
  • 文字単価0.6円
  • ネットで調べればかけるテーマ

 

この条件で「1日3時間ライティング x 4日」でやってました。

始めたばかりの頃の執筆スピードは1時間で1,000文字くらいなので、時給換算で600円、収入は月25,000円弱です(手数料としてクラウドワークスに20%持っていかれます)

 

しかし、1ヶ月で結構執筆スピードが上がり、1時間で1,500〜2,000文字くらい書けるようになりました。

時給換算で900〜1,200円ですがわかりやすく1,000円とすると、収入は月4万円弱くらいです。

 

1日3時間、週4日の労働で月4万円稼げるとなると、なかなかいいんじゃないかな思います。

 

初心者がライティング案件に提案する際の注意点

1文字最低でも0.6円以上

クラウドワークスのライティング案件の中には「1文字0.1円」とかいうぶっ飛んだ案件も割とあります。そういった案件を選んでも全く稼げないので受注しないようにしてください。

 

個人的に「受けていいかな」と思える基準は「1文字0.6円〜」です。

1,000文字の記事を1時間かけて書いたとして、時給換算で600円です。6分で100文字と考えた方がわかりやすいかも。

これ以下の案件はあまり稼げないので個人的にはあまりオススメしません。

 

もっとも、探せば1文字1円以上の案件なんかもあったりします。

そういった案件で条件も悪くなかったら提案してしまいましょう。

(あくまで個人的な基準なので、このテーマで書きたい!と思えるような案件があったら多少単価が安くても提案してみるものアリだと思います)

 

自分の得意そうなテーマ、ラクそうなテーマで書く

執筆スピードを上げていかないと稼げないので、自分が早く書けそうなテーマを扱っている案件に提案しましょう。

例えば美容系に詳しい人なら美容系の記事の案件とかは書きやすいと思うし、ネットで調べた内容を記事にまとめ直すみたいな案件でもいいと思います。

 

とは言っても、実際に記事テーマを見たら結構想像と違うみたいなこともあるあるなので、そこまで厳選しなくても構いません。

とにかく書くのが苦痛ではなさそうな案件に提案してみるのがいいと思います。

もし想像と違かったら辞めればいいだけです。

 

要求の多いクライアントは要注意

「納品したのに何度も修正依頼を出してくる」「ライティング以外のこともやらされる」といったクライアントは注意したほうがいいです。

ライティングしている側だって何度も修正依頼を出されると単価が下がり続けます。

 

依頼内容を超えた要求をしてきたり、無茶な要求をしてくるクライアントの案件は、契約解除も考えたほうがいいかもしれません。

案件は他にもたくさんあるので別を当たるのも1つの手です。

 

ライティング案件提案の流れ

実際にライティングの案件に提案する時の流れを軽く説明します。

まず提案文ですが、軽く自己紹介と、週に何時間くらい稼働可能か、それとやる気を見せておけば大丈夫だと思います。

どうせほとんどの人は実務経験なんてないので、依頼主からすると採用の基準があまりないです。

依頼主の気分みたいな部分もあるかもしれないので、あまり深く考えなくてもいいんじゃないかなと思います(僕自身提案が苦手なのでこの辺のことは正直よくわからないです)。

 

それと、たまに「大量採用」「全員採用」といった案件も見かけることがあります。

単価や条件が良ければ提案しておくのがいいでしょう。僕もこの手の案件で初ライティング案件を取りました。

 

提案が採用されるとより詳しい内容を説明されます。

大体の場合はライティングマニュアル的なものがあるので、それに沿って記事を書くことになります。

 

また、見出し内容や納品の条件は決まっていることが多いので、それに沿ってライティングします。

終わったら「納品→報酬」、もしくは「修正→再納品→報酬」といった形になります。

 

まとめ

クラウドワークス初心者でもライティングである程度稼ぐことが出来ます。

執筆スピードは上がれば上がるほど単価も上がっていくし、ライティングスキルを学びながらお金がもらえるのは結構いいと思います。

 

もちろん最初は思うように稼げないかもしれませんが、それはみんな同じです。

1、2ヶ月もすれば執筆スピードも少しは上がってくるはずです。

 

またライティングならガッツリできる時間がなくても、何回かに分けて少しずつ記事を書くこともできるので時間の融通も利きやすいですね。

ライティングで月数万円ならそこまで難しくないはずなので、まずはやってみるといいと思います。

初心者にオススメの仕事は「タスク」ではなく「ライティング」!月数万円ならそこまで難しくない!