【超図解】クラウドワークスの登録方法と最初にやっておくべきこと

サムネイル フリーランス

今回はクラウドワークスに登録するまでの手順と、登録後に最低限やっておいた方がいいことを図解します。

 

その前にまず「クラウドソーシングとは?」という点から解説します。わかっている人は飛ばしてもらって構いません。

 

スポンサーリンク

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングは簡単に言うと「仕事を発注したい人」と「仕事を受注したい人」のマッチングサービスです。

画像1

仕事を依頼したい人がクラウドソーシングサイトにてワーカーを募集し、ワーカーはその案件に提案することで受注につなげることができます。

クラウドソーシングサイトにはクラウドワークスの他にランサーズなどがあります。有名なのはこの2つですね。

 

クラウドソーシングでは未経験でも在宅で手軽にお金を稼げるため、片手間の副業でちょっとした副収入を得ることができます。嫌な上司に付き合う必要もありません笑

受注する案件にもよりますが、月1万〜5万円程度ならそこまで難しくないと思います。

ただし、単価が安めなので安定して高収入を得ることは難しいのがデメリットです。

 

副業と聞くと怪しいと思うかもしれませんが、クラウドワークスやランサーズは大手企業のサービスなので安心してください。登録も無料です。

 

クラウドワークスの登録手順

画像2

クラウドワークスに登録するにはまずクラウドワークス登録ページへ行きましょう。

少し下にスクロールすると「無料で利用を開始する」というボタンがあるのでクリックします。

 

クラウドワークス登録はこちら

 

画像3

登録画面になるので、メールアドレスを入力します。

 

 

画像4

入力したメールアドレスにクラウドワークスからメールが来るので、載っているリンクをクリックします。

 

 

画像5

本登録のためにより詳しい情報を入力していきます。

ワーカーとして仕事を受注したい人は「仕事を受注する」にチェックをします。(仕事を発注したい人は「仕事を依頼する」にチェックしましょう)

また、自分の職種がよくわからない人は「簡単在宅ワーカー」を選択しておきましょう。後からいくらでも変更できます。

 

 

画像6

「会員登録を実行する」ボタンをクリックして、登録は完了です。

 

プロフィールを入力する

画像7

登録が終わったらプロフィールを入力しましょう。

「プロフィールを入力する」をクリックします。

 

 

画像8

またまた情報入力です。手順に沿って進めていきましょう。

時間単価は迷ったらとりあえず1,000円くらいにしておくのが無難かと思います。

自己PRに関してはそこまで深く考えなくても大丈夫です。後で編集できるのでとりあえず軽く書いておきましょう。

また、Twitterアカウント、出身地、大学名などは入力しなくてもいいと思います。発注者側もそんな細かい所までいちいち見ていないと思うので。

 

入力が終わったら「メンバー情報を登録する」をクリックします。

 

さらにプロフィールを詳しくする

このまま受注できる案件を探してもいいのですが本人確認などをしておくと受注率が上がります。その人の信頼度が上がるからですね。

「もう入力するの疲れた…」という人はとりあえず適当に案件を見てみるか、いっそ休憩しましょう笑

 

 

画像9

クラウドワークスのロゴをクリックするとマイページに入れます。

アカウント写真下の「プロフィールを充実させる」をクリックします。

 

 

画像10

入力すべき項目は赤枠の4つです。

画像一番左下の「外部サービス連携」はTwitterアカウントと連携するというものですが、おそらく連携してもほとんど受注率は上がりません。

人によってはあまりTwitterをオープンにしたくない人もいると思うので、連携はしなくていいです。

 

また、クラウドワークスはこれらをすることで受注率が上がると説明していますが、実際のところは微妙です。

横に書いてあるパーセントほどの効果はおそらくないので、あまり時間をかけずにざっくりとやってしまいましょう。

 

スキル登録・スキル検定

画像11

自分の持っているスキルや検定などを入力します。

画像12

「スキル名」の部分はそれっぽいキーワードを入力すると選択肢がいろいろ出てきます。

試しにいろいろ入力してみるとスキルになりそうなものもあるかもしれません。

 

レベルや経験年数は自称で構いません。少し盛る程度ならバレないし、その方が自信あるように見えていいと思います笑

 

経歴・実績登録

画像13

過去に実務経験や実績がある人はぜひ入力しておきましょう。

これもいろいろ入力欄がありますが、ざっくりでいいと思います。この辺りまでじっくりみる発注者はあまりいないからですね。

実績がない人はこれからクラウドワークスで少しずつ作っていけば大丈夫です。

 

本人確認書類提出

画像14

一番やっておいた方がいいのはこれです。

健康保険証、運転免許証、パスポートなど、どれか1つ本人確認のできるものの写真を撮って、添付して送りましょう。写真はjpgかpng形式のものを送ります。

通常は5営業日程度で返信が来るみたいです。

 

もちろん本人確認がないと仕事が全然取れない!みたいなことはないと思いますが、応募するときに本人確認がしてあると目立てるので、やって損はないでしょう。

本人確認をしていないと応募できない案件もあるくらいです(そんなにすごい案件でもないですが)。余力があればやっておくのがいいと思います。

 

振込先口座登録

画像15

受注率うんぬんとは関係ないですが、流れでやってしまいます。

案件を受注して報酬を受け取る際の振込先口座を登録しておきます。

近所の銀行や都市銀行でもいいですが、クラウドワークスの場合は楽天銀行を指定しておくと手数料を100円に抑えられます。その他の銀行は500円です。

 

ちなみにクラウドワークスでは180日以内に報酬額の引き出しをしないと全額没収という謎ルールがあります。

手数料が結構高いので毎月引き出す必要はないですが、溜め込みすぎると最悪無給労働になってしまうので注意してください。

 

プロフィールはこれくらい作ればしばらくは大丈夫だと思います。

必要があればその都度細かい部分を変更していきましょう。

 

案件を受注してみよう!

プロフィールなどの入力が終わったら実際に案件を受注してみましょう。

個人的には初心者はライティングから始めるのがいいかなと思っています。

詳しい理由はクラウドワークス初心者でも稼げる仕事はライティングです【月4万稼ぐ】で説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

クラウドワークス登録はこちら