【PhotoshopでOK】jpgで作った文字やロゴをsvg形式で保存する方法

サムネイル Photoshop

ロゴを作るにはIllustratorが一番みたいに言われていますよね(まあ実際その通りだとは思いますが)

でもシンプルな形のロゴや文字くらいならPhotoshopで簡単に作ることができます。

ロゴなどはjgpやpng画像ではなく、svg形式(拡大しても画質が劣化しない形式)で保存したいところですが、もちろんそれもPhotoshopで可能です(風景画などをsvg形式で保存するのはさすがに無理です)

ということで今回はPhotoshopで作ったロゴや文字をsvg形式で保存する方法を紹介します。マジで簡単です。

 

スポンサーリンク

Photoshopで作ったjpg画像をsvg形式に変換する

画像1

今回はこのjpgのサンプルロゴをsvg形式で保存しようと思います。

 

画像をシェイプに変換

画像

svg形式にするためにはまず画像をシェイプに変換します。「文字やロゴのレイヤーを選択し、右クリック→シェイプに変換」と進みます。


画像6

文字がシェイプに変換されました。

 

svg形式で保存する

画像3

「再度文字やロゴのレイヤーを選択し、右クリック→書き出し形式」と進みます。

画像4

一番右上の「形式」からSVGを選択してください。

また、画像の拡大率を変更したい場合は「拡大・縮小」という箇所から変更できます。といってもsvgならCSSで後から拡大しても画質が劣化しないので、ここで変更しなくても大丈夫です。

終わったら「すべて書き出し」をクリックして保存しましょう。


画像7

名前を決めて好きな保存場所を選択したら「保存」をクリックします。

画像8

svg形式で保存ができました。見た目はちょっと見切れていますが、実際に使うときは見切れたりしないので問題ありません。

 

まとめ

Illustratorを使わなくても、簡単なロゴならPhotoshopだけで作ることができます。

キャラクターなどを使った本格的なロゴだとやはりIllustratorを使ったほうがいいとは思いますが、Photoshopでもできないことはないです。

皆さんもぜひPhotoshopでロゴを作ってみてください。