WordPressとはそもそも何?初心者でもわかるように解説します

サムネイル WordPress

今回は「WordPressってそもそも何?どういう仕組みなの?」ということについて解説します。

 

スポンサーリンク

WordPressとは?

WordPressとは、簡単に言うと「ブログやサイトを運営するためのソフトウェア」のことです。

厳密には「WordPress=ブログやサイト」ではありません。ブログやサイトを運営するための「ソフトウェア(システム)」がWordPressです。

なのでWordPress「を使って」ブログを作るというような言い方をします。

 

ただ、WordPressだけではブログやサイトを作ることはできません。

ブログやサイトを始めたいならサーバーや独自ドメインが別途必要になります。

例えるならサーバー(アパート)と独自ドメイン(住所)があって初めてWordPressでサイト(住む場所)を作ることができるわけです。アパートや住所がないと住む場所以前の問題ですからね。

 

WordPressでできること

ブログやサイトを作ることができる

画像1

ワードプレスを使うとブログやサイトを作ることができます。個人ブログをはじめ、企業サイト、ショッピングサイト、ホームページなど様々なサイトを作ることができます。自分でコードをあれこれいじる必要は全くありません。

実際に世界の4分の1のサイトはWordPressで作られており、世界で最も使われているサイト運営のソフトウェアと言えます。

初心者にとっては設定はやや複雑ですが、調べると情報がたくさん出てくるので問題ありません。

 

テンプレートを使用できる

画像2

WordPressではおしゃれなサイトを一瞬で作ることができるテンプレートが存在します。

テンプレートには無料から有料、企業向けなど様々なものがあり、自分が一番好きなものを選ぶことができます。

先人が初心者でも使いやすいテンプレートや、カスタマイズ度の高いテンプレートを作ってくれているので、私たちはそれを使って簡単におしゃれなサイトを作ることができるわけです。

 

プラグインを使用できる

画像3

WordPressでは足りない機能を追加するプラグイン(拡張機能)がめちゃめちゃ用意されています。

プラグインには、サイト運営をよりラクにしてくれるもの、スパム対策、目次の表示、その他の便利な機能などを追加してくれるものがたくさんあり、自分で好きなものを好きなだけ追加することができます(だたし使いすぎるとサイトが重くなる原因になります)

 

プラグイン自体はほとんどが無料で配布されており、1クリックでインストールするだけで簡単に使うことができます。

自分が欲しいと思った機能は探せば大体あるのですごく便利ですね。

 

デザインをカスタマイズできる

画像4

これがWordPressの最大の特徴です。

WordPressではサイトのデザインを隅から隅まで変更できます。

好きな場所に好きなものを表示したり、特定のページだけデザインをガラッと変えたりすることもできます。とにかく自由度の高さが圧倒的です。

使用しているテンプレートにデザインをカスタマイズする機能が備わっているものもありますが、よりカスタマイズ度を上げたいならHTMLやCSSなどのコードの知識が多少必要になります。

 

とはいえ、知識がなくても普通に運営する分には十分すぎるくらいです。

カスタマイズによってはコードが公開されている記事もあるのでコピペしてくれば大丈夫でしょう。

 

無料で使用できる

画像5

WordPress自体は無料で使用することができます。

ただし、別途以下の費用がかかります。

  • サーバー代:年間1万円ちょっとくらい
  • ドメイン代:年間1,000円くらい
  • テンプレート代(有料のものを使用する場合:買いきりで1〜2万円くらい)

 

WordPressだけではブログやサイトは作ることができないので、結局ある程度初期費用は必要になります。

 

他のブログサービスと何が違うの?

「別にWordPressじゃなくてもはてなブログとかを使えばいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

なのでここからは他のブログサービスとWordPressを比較して見ていきます。

 

カスタマイズ性の高さ

画像6

先ほども解説しましたが、WordPressはデザイン面でも機能面でもカスタマイズ性が圧倒的に高いです。その気になればもはや何でもできるレベルです。

カスタマイズ性を求めていなくても、おしゃれなデザインにしたいならテンプレートで一発だし、ちょっとした機能が欲しいと思った場合はプラグインを追加できます。

 

会社のブログサービスだと会社側が決めたサービスの範囲内のことしかできませんが、WordPressなら中のシステムをいじくり回すことで何でもできます(ある程度コードの知識が必要ですが)

自分の思い通りのサイトを作ることができるのはWordPressならではですね。

 

BANされない

画像7

会社のブログサービスだと当然ですが利用規約があります(アダルト系はダメとか)

それに反してしまうと最悪BANされる可能性がありますよね。せっかく長いこと運用しても会社側の裁量で跡形もなく消え去ります。

しかし、WordPressはシステムそのものなので、利用規約もなければBANされることもありません。完全に自分の好きなように運用することができます。

 

それに、WordPressで作ったブログやサイトは自分の資産になります。

情報発信の場として使えば自分をアピールできるし、アフィリエイトをやれば収益を発生させることもできます。

ブログなら書いた記事がそのまま自分の資産になるし、何となく書いた記事に救われる人もいるかもしれません。

ただのサイトを作るシステムではなく、本格的に運用すれば自分の資産にもなるのがWordPressです。

 

複数人で運用できる

画像8

WordPressでは1つのサイトを複数人で運用することができます。

個人で運用するなら関係ないですが、複数人で1つのサイトを運用したい場合はサイト内にユーザーを作ることで、その人が記事の新規作成などをできるようになります。

これは他のブログサービスではなかなかできないですね。

 

本格的に運用するならWordPress一択

画像9

ブログなんかの場合は特にそうですが、本格的に運用したいならWordPress一択です。

長いこと運用していると「ここをこうしたい」とか、「この機能をこうしたい」とか遅かれ早かれ欲が出てくるはずです。WordPressはそういったことに対応しやすいです。

 

もちろんはてなブログなどがダメというわけではないですが、カスタマイズ性の高さが明らかに違います。

読者目線で視覚的・直感的によりわかりやすい記事を作りたいなら、記事内を工夫する必要がありますが、はてなブログなどのサービスだとかなりやりづらいです。

知識があれば自分なりに工夫することもできますし、見やすい記事は読者側としてもわかりやすいです。

BANの可能性、カスタマイズ性、拡張性などから見ても、本気でサイト運営をしたいならWordPressを使った方がいいでしょう。

 

カスタマイズに必要な知識

画像10

ここからはWordPressをカスタマイズするのに必要なコードの知識を解説します。

WordPressを始めるにあたって、コードの知識が必ず必要というわけではないですが、知識があったほうができることが増えます。

余力がある人は勉強してみるのもアリでしょう。

 

HTML

重要度:高

HTMLはブラウザ画面に文字や画像を表示する言語です。これがないとWebページを作ることができません。いわばページの骨組みみたいなものです。

WordPressをカスタマイズする際は、HTMLのコードを見てどこがどのように作られているかを把握し、デザインを変更したい場所を見つけ出します。

詳しい解説は「HTMLとは?初心者でも絶対にわかるように説明してみた」を参考にしてください。

 

CSS

重要度:高

CSSはHTMLで作った骨組みに装飾を加えたり、レイアウトを変更する言語です。サイトのデザインを変えたい場合は主にCSSでカスタマイズすることになります。

WordPressをカスタマイズする際は、HTMLでデザインを変更したい場所を見つけ、そこをCSSでカスタマイズしていきます。

また、CSSでは簡単なアニメーションも実装することができるので、上手く使えば読者の注意を特定の場所に惹きつけるといったこともできます。

WordPressカスタマイズで一番よく使うのがCSSですね。

 

PHP

重要度:中

PHPは数あるプログラミング言語のうちの1つです。WordPressというシステムはこのPHPで作られています。

HTMLとCSSだけでもほとんどのカスタマイズはできますが、機能面でのカスタマイズになるとPHPを使うことになると思います。

PHPに関してはできなくても全く問題ありませんが、できると自分なりの機能を追加したり、オリジナルのテンプレートを作成したりできるので、WordPressがより一層楽しむことができます。

高度なカスタマイズをする場合にしか登場シーンがないので、重要度は高くありません。できたらいいねくらいに思ってください。

 

JavaScript

重要度:低

JavaScriptはPHPと同じく、プログラミング言語の1つです。主にページに動きをつけるために使われます。

JavaScriptを使うとサイトにスライドショーを作ったり、アニメーションをつけたりすることができます。よく見かける「上へ戻るボタン」やスライドショーもJavaScriptで作られています。

ただ、WordPressカスタマイズだと正直あまり出番がありません。

PHPもそうですが、JavaScriptも全くできなくて問題ありません。

 

これまでの話をまとめると、HTMLとCSSの2つができればほとんどのカスタマイズはできてしまいます。

なので自分でWordPressをカスタマイズしたいなら、まずはこの2つの知識をつければいいということになりますね。

 

WordPressカスタマイズのほとんどはHTMLとCSSで行う!

 

まとめ

画像11

今回はWordPressについて解説しました。

最初の設定は割と面倒な部分が多いですが、そこを乗り切れば割と楽しく運営できると思います。

カスタマイズ性も高いので、知識があればオリジナリティの高いデザインにすることもできますね。

他のブログサービスよりも圧倒的に自由度が高いので、本気でブログを作ってみたいという人はぜひWordPressで挑戦してみてください!

WordPressとは、サイトを運営するためのソフトウェア。サーバーや独自ドメインと一緒に使うことでサイトを作ることができる!