【Contact Form 7】自動で挿入されるpタグやbrタグを削除する方法

【Contact Form 7】自動で挿入されるpタグやbrタグを削除する方法 WordPress

今回はContact Form 7で自動で挿入されるpタグやbrタグを削除する方法を解説します。

 

スポンサーリンク

自動挿入されるpタグやbrタグを削除する方法

早速結論ですが、wp-config.phpに以下のコードを追加するだけです!

// Contact Form 7の自動pタグ無効
define ('WPCF7_AUTOP', false);

 

ただし注意点があります。

wp-config.phpの最終行にある以下のコードよりも上に書くようにしましょう。

// Contact Form 7の自動pタグ無効
define ('WPCF7_AUTOP', false);

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once( ABSPATH . 'wp-settings.php' );

 

funcitons.phpから無効化したい場合

「wp-config.phpなんて普通編集しないし、もっとわかりやすい場所に処理を書いておきたい…」と思う人もいると思います。

そんな人はfunctions.phpから自動pタグを無効化することもできます。

 

以下のコードをfunctions.phpにコピペしてください。場所はどこでもokです。

// Contact Form 7の自動pタグ無効
add_filter('wpcf7_autop_or_not', 'wpcf7_autop_return_false');
function wpcf7_autop_return_false() {
  return false;
}

 

まとめ

Contact Form 7で自動で挿入されるpタグやbrタグを削除するのはとても簡単ですね。

勝手にタグが入るとデザインが崩れたりするので、不要なタグは削っておくといいですね。